嫁がニートになりました

生活費を稼ぐ奮闘記

スポンサードリンク

渋谷ハロウィンで『痴漢されるのは自己責任』って・・・

最近、何かと聞くことが多いのが『自己責任』って言葉です。

 

 

 

『自己責任』の意味って、読んでそのままで、

 

 

 

『自分の行動には自分に責任がある』

 

 

って事ですけど、当たり前と言えば当たり前ですね。

 

 

 

仕事やスポーツの場合だと、上司や監督に責任がある場面もありますが・・・

 

 

 

 

 

渋谷ハロウィンで痴漢されるのは自己責任なのか?

 

 

 

最近だと、フリージャーナリストの安田純平さんが、武装地域に取材に行った事に対して『自己責任論』が展開されています。

 

 

 

不思議と、どんな事でも意見って分かれるようで、自己責任論が出る反面、安田純平さんを擁護する声も上がる訳で・・・

 

 

 

 

まぁ、俺には縁遠い話題なんで安田純平さんの事はスルーしますがw

 

 

 

 

 

昨日、スマホを開くと、

 

 

『渋谷ハロウィンで痴漢されるのは自己責任!』

 

 

って見出しがありました。

 

 

 

読んでみると、渋谷ハロウィンの最中、スクランブル交差点で痴漢された女性がTwitterに投稿したみたいです。

 

 

 

読んだ記事では、渋谷ハロウィンで痴漢などの疑いで逮捕されたのは5人いたんだとか・・・

 

 

 

Twitterには、渋谷ハロウィンで暴徒化した人が軽トラックを横転させる動画がRTされています。

 

 

 

この、渋谷ハロウィンって異常ですよね(^^;

 

 

 

数年前から、ハロウィン前の週末にはコスプレをした人達が集まるようになりました。

 

 

 

渋谷ハロウィンについては、数年前に『ハロウィンイベント』って事で書いた事があります。

 

 

 

当時は、ゴミや着替える場所などが問題になってたんですけど、結局は何も対応出来ずに現在に至ってるんですね(^^;

 

 

 

 

さて、話しを戻しますが、『痴漢されるのは自己責任なのか?』って事です。

 

 

 

 

『痴漢されるのは自己責任!』って書いた人の意図は分かりませんが、

 

 

 

『その痴漢した男を、ムラムラさせた女性も悪い』

 

 

って事なんでしょうね?

 

 

 

 

痴漢は犯罪なので、痴漢する方が100%悪いと思います。

 

 

 

ちなみに、痴漢は各都道府県の『迷惑防止条例』で取り締まられ、犯行がエスカレートすると『強制わいせつ』が適用されるようです。

 

 

 

 

『渋谷のスクランブル交差点で痴漢にあった!』って、どこかで聞いたような・・・

 

 

 

σ( ̄^ ̄)?

 

 

 

あっ!

 

 

6月だったかな?

 

 

 

サッカー日本代表が勝ったとかで、渋谷スクランブル交差点に人が集まり、その騒動に紛れて痴漢した人がいましたね。

 

 

 

それも、タレントかモデルが痴漢された事をTwitterに投稿したんでしたね。

 

 

 

 

・・・Ҩ(´-ω-`)

 

 

 

痴漢を題材に書くのって難しいですねw

 

 

 

 

もっと掘り下げて書く事は出来るんだけど、書き方を間違えると炎上しかねないですから・・・(¯―¯٥)

 

 

 

 

『露出度の高い衣装で行くのは自己責任』って書いてる人もいたけど、サッカーで勝った時の事を考えると、露出度は関係無さそうですね。

 

 

 

 

人が暴徒化する場所には、痴漢を目的に行く人も多いのかも知れません。

 

 

 

 

『痴漢されるのは自己責任』ってのは違うと思うけど、防衛策としてその場に行かない事も必要だとは思います。

 

 

 

 

 

10月31日、平日でも人が集まるのか知りませんが、ハロウィン当日は渋谷スクランブル交差点は避けた方が良いかも知れませんね。

 

 

 

 

スポンサードリンク